髭 脱毛

MENU

青髭解消のためには抜くことと剃ることのどちらが良いのか

髭を隠す男性

 

髭が濃い人の中には、しっかりと剃るようにしても青髭状態になってしまっている人もいます。こうなってしまうと、見た目にも良いものとは言えず、コンプレックスになっている人もいるくらいです。

 

青髭になってしまう原因は、剃った後の断面が皮膚に透けてしまうことです。本来なら青いものではないのですが、この色が集まることによって青っぽく見えてしまいます。実際には灰色くらいの色なのですが、皮膚の色と組み合わさることによって、このような色になってしまうのです。うっすらと見えてしまう原因は、髭が濃くなっているからです。これは、男性ホルモンの増加や皮膚への刺激が原因です。それでは、いったいどのようにして対処をすれば良いのかということになります。

 

1本ずつ抜く方法は、毛根まで取り除くので確実な方法と言えます。しかし、肌がダメージを受けやすいため、色素沈着などのリスクがあります。ほかにもニキビや毛嚢炎の原因にもなりかねないため、別な悩みが出てくることもあるのです。自分で剃る場合は、毎日丁寧な処理が必要です。しっかりと洗顔し、温めて毛を柔らかくすること。そしてシェービング剤を使って肌のケアも忘れないようにしてください。これくらい徹底すると、肌がダメージを受けることも少なく、過剰な反応が起きにくくなります。また、伸びやすい朝の時間に処理をする必要があり、忙しい時間にこれだけの手間をかける必要があることがデメリットに感じられるかもしれません。そこで、もうひとつの方法です。

 

髭の悩みを解決するなら、脱毛サロンを活用してみてください。自分で抜く方法よりも肌にダメージが少なく、毛自体がなくなるため青くなることもありません。もちろん脱毛の後には肌がダメージを受けてしまうこともありますが、アフターケアがしっかりとしていれば無料で治療を受けられます。毎日剃る手間が大変に感じている人や、自分で抜いて問題が起きるリスクを避けたいなら、専門家へお願いする方法が一番です。